公益社団法人石川県木材産業振興協会|石川県金沢市 |里山ウッディー

 

石川の銘柄材

   
石川県では、古来よりスギ、アテなどの優良な樹種の植林が営々と続けられ、今では年間に成長する木の量も、皆さんが使用される木の量を遥かに超え、資源蓄積量も大変増加し、今出番を待つばかりになってきました。

住宅に使用されている木材はいずれの木材・樹木ごとにそれぞれ違った性能を持っています。性能の優れた木材、これを銘柄材と呼びます。

いま石川県では、スギやアテを銘柄材と呼びますが、そのスギやアテを銘柄材として需要者に送り出すため、色々な新しい製品作りや使い方の研究を進めています。

 

石川のスギ

石川のスギ
 
特徴
生産量は県内で最も多く、優良材は銘柄材として県外に多く移出されています。
材質は、木理が通直で、肌目はやや粗く淡紅色をした心材は、造作材や建具材などに好んで用いられています。
主体は柱など構造用材として多く用いられ、建築の要となっています。
小径材はログハウスなどの建築資材のほか、防風垣や植木の支柱など、使用は広範囲にわたっています
 

優れた技術のある処に優れたスギあり

優れた技術のある処に優れたスギあり
 
選ぶなら品質の確かな製品を、優秀な技術のあるところには、優良な木材があります。産地の確かな優良材を銘柄材と呼びます。
石川のスギが銘柄材として信頼を得るため、様々な製品作りが進められユーザの信頼を集めています。
 

能登のアテ

能登のアテ
 
特徴
本県の能登地域で産出される特有の木材で、造林木は「県木」として指定されています。
材質は、緻密で粘り強く光沢があって特有の香気があります。
心材、辺材ともに優美な淡黄白色で、優れた耐朽性と強度があります。
主として建築用構造材に用いられるばかりでなく耐朽性を活かし、内壁材、外壁材等のほか緻密な肌と光沢を活かした家具材や工芸品作りに用いられ、利用範囲が益々広がって来ています。
 
 

材質の特性が光るアテの製品

材質の特性が光るアテの製品
 
木と人のコミュニケーションを大切にしたい。こんな願いをもとに、アテの特性を活かした製品の研究開発が進めれています。
ここに登録されている製品はすべて実用化され、多くのユーザに利用され銘柄材として、確かな地歩を築いています。
公益社団法人
石川県木材産業振興協会
〒920-0211
石川県金沢市湊2丁目118番地15
TEL.076-238-7746
FAX.076-238-7725

───────────────
 
047221
<<公益社団法人石川県木材産業振興協会>> 〒920-0211 石川県金沢市湊2丁目118番地15 TEL:076-238-7746 FAX:076-238-7725