本文へ移動

違法伐採対策

ご存知ですか、「合法木材」。
作る人、買う人にも広げたい、木づかいに
未来につながる目印です。

「合法木材」普及推進のシンボルとして
 定められたマーク。

  ※合法木材供給事業者用
  
 
世界の森林から違法に伐採された木材の流通が問題となっています。これは輸出国における森林減少など地球環境の破壊につながるばかりか、違法に生産された不当に安い木材製品により、輸入国の林業や木材産業に大きな打撃を与える深刻な問題です。わが国ではこれまで、平成18年4月グリーン購入法を改正し法令による正しい手続きで生産された「合法木材」の積極的な利用を呼びかけてきました。(「木材・木製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン」参照。)
さらに、平成28年5月には「クリーンウッド法」が制定され、民間事業者にたいしても、政府調達で求められている合法的に伐採された木材の利用に努めることが、求められることとなりました(施行は平成29年5月から)。合法性の確認を適正に実施する木材業者をはじめとして同様の取組を行う建築、家具製造、製紙などの事業者を「登録木材関連事業者」に登録する仕組みが実施されています。いつまでも木とともに生きる。誰しもが“木“と安心して暮らせる、そんな社会の実現に向けて、合法木材の利用を一丸となって推進しましょう。

公益社団法人
石川県木材産業振興協会
〒920-0211
石川県金沢市湊2丁目118番地15
TEL.076-238-7746
FAX.076-238-7725
 
TOPへ戻る